メバリング・アジング

【有明海メバリング】初場所での調査釣行。ちょこちょこアタるも掛けきれず、粘ってなんとか“坊主”は回避

「今日も元気にドカンをきめたら ヨーラン背負ってリーゼント♪」

そうそう、横浜銀蝿の「ツッパリHigh School Rock’n Roll(登校編)」ですな(「・ω・)「 ガオー←なぜ?

夜中(午後10時すぎ)の漁港でガンガンに響く軽快なメロディー。それを約1時間も延々聞かされれば、耳にも残りますよ(-ε´-。)←釣りに来たのか仲間と談笑しに来たのかは不明ですが、釣行の途中で海辺に現れたやんちゃそうな車からのBGM。笑い声とヤンキーソングが暗闇に響く中での釣行だったのね(ーー;).。oO(想像中)

2022年2月7日の午後10時、有明海に面する長崎県南島原市の漁港で釣り開始。ここは初めて釣りしに来た場所。どんな感じかも何が釣れるのかも分からない中での調査釣行的な位置付け(・ωー)〜☆←そうは言っても、以前昼間に軽く見に来たことはある模様( ´_ゝ`)フーン

若干の風を想定していたんだけど、現場は無風。比較的漁港自体は広い造りで、外海側の長い防波堤が全体を囲み、その内側に短めの防波堤がある構造。上げ3〜4分くらいのタイミングだけど、なんだか海面は静かで魚っ気はあまり感じない(´-ω-`;)ゞポリポリ

ひとまず、内側の防波堤先端(常夜灯あり)周辺を狙ってみる。0・8グラムのジグヘッドに1・8インチのワームで表層をゆっくりただ巻きで引いてくるも無反応。レンジやキャスト方向などを変えつつ、ルアーもチェンジ。約30分間キャストを繰り返す中、2、3回アタったものの、うまく掛けきれず(°◇°;)ゲッ

その後、少しばかりいい型のメバルがヒットするも、掛かりが浅いのか抜き上げ直前でバレる(´;ω;`)しょんな〜

そして、なかなか手応えもなくただ時間が過ぎる。ツッパリソング10曲は聞いた気がする( ゚Д゚)アライヤダ!!←そっちはいいからヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

いろいろやってはみたんだけど、「なんか違うな」とはうすうす感じるタレミミ(。-ωー)ウム←初めての場所なだけに、パターンもつかめず力不足を痛感した模様(´-ω-`;)ゞポリポリ

そうこうしていると、たまたま(実力ではないのをタレミミ実感)で、↑メバルをキャッチ。表層直下でやっと手にした1匹♪〜( ̄ε ̄;)

なんとか“坊主”は回避できたタレミミですが、「泣きたくなるような つらい時もあるけど いつも俺たちがんばってきた」んですよ てへぺろ☆(・ω<)←「つっぱることが男の たった一つの勲章だって この胸に信じて生きてきた♪」ようね。夜中のツッパリ放送に影響されて、男の勲章で悪乗り〜!(゚Д゚)_♭”ドンダケー

結局、時間も遅いのでここで納竿。今回はヒットパターンつかめなかったけど、懲りずに今度はここでリベンジじゃ〜(*`・ω・)ゞデシッ!!

↓に釣行時のデータ

・2022年2月7日午後10時〜同11時半
・曇り
・長崎県南島原市の漁港
・小潮
・満潮8日午前1時半
・気温4度
・北北東の風2メートル

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。