メバリング・アジング

【有明海メバリング】満潮直前の上げのタイミングで1時間のナイトゲーム。常夜灯下をランガンして足で稼ぐと、メバルの居場所発見で楽しい釣行に

あ〜、楽しかったぁ(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!←えっ、何をそんなに楽しんできたんだい?

ふふふ、それはメバリングのナイトゲームですよ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆バンバン!

2021年2月16日(火)の午後10時20分。長崎県は島原市内の漁港に到着したタレミミ←さては、17日から全国的に大雪と暴風雪の予報と知って、天気が荒れる前に出撃してきたな( ゚Д゚)アライヤダ!!

タレミミが漁港に到着すると、考えることは同じなのか先行者が2人。気温もまだ下がっておらず、風もほとんどない釣りやすそうな状況。ただ、何となく魚っけがなさそうな雰囲気で釣れてない感じ

タレミミもよく利用する常夜灯下の岸壁角には先客がいるので、タレミミは50〜70メートルほど離れた別の常夜灯付近で釣り開始

まずは0・8グラムのジグヘッドに1・8インチのワームを使って、表層をただ巻きで素早くサーチ。扇状に探ってみるも不発だったため、今度はカウントダウンで中層、ボトムとルアーを通していくもやっぱり無反応(´・ω・`)ショボーン

潮上にキャストしてドリフトしてみるも、これも不発

そうこうしているうちに、先行者の2人が帰ったので、いつもの常夜灯下に移動。さっきと同じように探ってみたものの、釣れる気配がない(。-`ω-)ンー

そこで、常夜灯下を次々ランガン←メバルが居れば何かしらの反応があるはずなので、反応がなければすぐに見切りをつけて移動を繰り返す

すると、常夜灯下に漁船が係留されているスポットで反応があるエリアを発見←ただ巻きにポツポツとアタってくる場所についにたどり着いたタレミミ( ̄ー ̄)ニヤリ

1匹目に喜ぶタレミミ!だが、↑ちっさ!!←なるほどね。ワームを2・3インチからサイズダウンして、ボディ半分をテールが占める2インチの小型ワームに変えて正解。このサイズはなかなかノラんよね(。-`ω´-)ぅぃ

10センチあるかな〜?いや、ないかもれないε-(‐ω‐;)

リリース後、少し方向を変えて明暗部沿いにキャストすると〜

↑サイズアップ。今度は15センチは余裕である!

↑同じくらいのサイズが続けてヒット\( ̄^ ̄)/

足で稼いでメバルの居場所を見つけたし、パターンもつかめて満足したタレミミは3匹釣って納竿←このまま続けたら潮止まりまで楽しめそうだけど、潔いタレミミΣd(゜∀゜d)ォゥィェ!!!

雨も降り出しそうだし、タレミミ的に十分楽しめたので心残りはない模様☆(ゝω・)vブイッ!!

最後に↓釣行時のデータね( ̄ー ̄)ニヤリ

・2021年2月16日(火)午後10時20分〜同11時20分
・曇り
・長崎県島原市の漁港
・中潮
・満潮17日午前0時05分
・気温8・5度
・西南西の風3メートル

今回のヒットルアーは、ジグヘッドが34のストリームヘッド0・8グラム。↑ワームはジャッカル「ペケペケ」のグローチャートシルバーフレーク

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。