タックル・関連グッズ

ルアー用フックキーパー装着で、ロッドのガイドリングやリールのベールアームの傷を防げ

う、うわぁ〜!

これは、まず〜い(°◇°;)ゲッ

んっ!

いや…、まずくはない(;・∀・)エッ?

これは今朝、タレミミが食パンのトーストをほおばり、異変に気付いたときの様子(。-ωー)ウム←あっ、味のことだったのね。ところで勝手に自問自答していたようだけど、このタレミミ、いったい何を食べたんだ?トーストじゃなかったの? |・`ω・)

それはですね〜。一口かじるまでは、ブルーベリージャムをたっぷり塗ったくったトーストのつもり。のはずが、1枚の厚切り食パンだと思っていたトーストの中から、ハムとチーズがこんにちは(゚Д゚υ≡υ゚Д゚)ァタフタ←なるほど!ハムチーズサンドだったわけね(ノ゚ー゚(; ̄□ ̄)ナヌッ?(爆)

そうなのです!お間抜けなタレミミは、皿に載っているのは“ただのトースト”だと思い込み、ご丁寧にジャムをたっぷりトッピング┐(´〜`)┌ ヤレヤレ

まさにOh!Jam on hot ham and cheese sandwiches!←で、なぜ英語…( ゚Д゚)アライヤダ!!

んで、最初は「甘〜い!おいし、、、んっ?」となったタレミミ(´゚д゚)(゚д゚`).ダヨネー←そして、トーストの中から姿を現したハム&チーズにすべてを悟ったんですね。わかりますよ〜(´・ω・`)

まあ、タレミミ的には、意外と全然食べれる味だったんだけどね\( ̄^ ̄)/←甘さと塩っ気がマッチしていて事なきを得たのねヾ(・ε・。)ォィォィ

というわけで、「ぱっと見ただのトーストには気をつけろ!それは、ただの食パンではないかも!」が教訓(-_-)/~~~ピシー!ピシー!←タレミミは今日も平常運転で何より ウ・・ウン((・ω・`;))

そうそう遭遇しないであろうレアケースを熱く語った後は、本題でもいきますかね〜( ̄^ ̄)えっへん←熱かったんだ…Σ(゜ロ゜;)!!

今回はロッドやリールを傷つけずにルアーを引っ掛けておける、地味だけど使うと手放せなくなる便利な小物を紹介しよう(・ωー)〜☆

↑なんだけど、何だかわかるオーディエンスは手を挙げましょうね〜!よろしい!結構な比率で知ってるみたいね☆(ゝω・)vブイッ!!←今日のタレミミはテンション高めの呼び掛け系なのね(゚-゚;)ヾ(-_-;) オイオイ…

↑これが今回紹介する便利グッズ、富士工業のルアー用フックキーパー。1枚目はロッドのバット部分(ロッドの根元に近い部分のこと)に装着した状態(>Д<)ラジャー!!

↑こんな感じで、移動するときとか、魚の口から針を外した後の作業中とかに、プラグだったりジグヘッドだったりを引っ掛けておく

んで、フックキーパーを使うことで何がいいのかというと、ずばりロッドやリールが傷つかない(`・ω・´)シャキーン

ランガンで移動するときとかに、ルアーをリールのベールアーム(U字型の細いワイヤーみたいな金属部分)とかロッドのガイドリング(輪になっててラインを通していく金具部分)に引っ掛けてる人もいるけど、それだと金属同士が接触することになるからロッドやリール側に傷がつくこともある( ゚Д゚)アライヤダ!!

当然だけど、ルアーをどこにも引っ掛けないでぶらぶらさせてたら、ロッドやリールに当たって傷つけたりするし、自分や近くの人に針が刺さったりする危険性もある。だから、移動するときとかはルアーをどこかに引っ掛けてた方が絶対にいい((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ

そういうわけで、さまざまな場面でルアーをロッドやリールに引っ掛けておいた方がいいんだけど、直接引っ掛けるのは傷防止の観点からよろしくない。そこで、どこかにルアーは固定したいけど、釣り具が傷つくのは嫌っていう人にもってこいなのがフックキーパーなんですよΣd(゜∀゜d)ォゥィェ!!!←フックキーパーは値段的にも数百円と安いしね(´・ω・)(・ω・`)ネー

自分の大事なロッドとかリールが傷つくのって嫌じゃない?釣り具って結構いい値段するし、お気に入りの道具はできるだけきれいに長く使いたいじゃん!

ガイドリングに直接ルアーを引っ掛けると、そこに傷がつくこともある。するとラインを傷つけて切れやすくなったり、キャスト時にスムーズな糸の出を邪魔して糸が絡むライントラブルを誘発する可能性だってある(°◇°;)ゲッ

もちろん、ラインが張った状態のルアーをガイドリングやベールアームに引っ掛けていれば、圧力がかかり続ける当該部品に加え、周辺部分も変形したり破損したりするかもしれないしね((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

タレミミ的には、ガイドリングやベールアームみたいな繊細な部分(まあ、ライトソルト用のタックルは総じて繊細)に尖った針を引っ掛けるとか正気の沙汰とは思えないんだけどね(-ε´-。)

↑ゴム製リングで不必要な時は外せる。ロッドへの取り付けも簡単で、値段もリーズナブルでオススメ

↑こっちの方が、高さがない。タレミミのロッドには、富士工業かダイワのどっちかが装着されている

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。