タックル・関連グッズ

メバリングはルアーが命。オススメのプラグ「パンチライン45」を紹介

「芸能人は歯が命」。東十条さぁ〜ん!

これが分かるあなたはタレミミと近い世代のはずよ( ̄^ ̄)キリッ!←歯磨き粉のCMで使われていたフレーズと、出演していた東幹久さんがドラマ「やまとなでしこ」で演じていた役名のコラボですね〜。分かりますよ〜(>Д<)ラジャー!!

いやほんと、東十条さんがふびんで、ふびんで…。欧介さんも、けなげで性格もいい若葉ちゃんにしとけばいいのに〜、とドラマ見ながら思っていた若き日のタレミミ(´・ω・`)ショボーン

まあ、結果幸せならいいんじゃないd( ̄^ ̄)←ドラマの話になに難癖つけてるのかしら。自分はどうなのよって話よ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

タレミミはそれなりに幸せ〜!←適当ねぇ〜┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ〜

てなわけで、↑メバリングもルアーが命ってわけですよ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆バンバン!←唐突〜!そして、そりゃ〜、そうよ!ちゃんと釣れるルアー使わないと魚は釣れません(´-ωー)σソレナ

で、今回は釣れるプラグを紹介するつもり。↑それがこれ。水押しが強いヘッド形状のため、適度な引き抵抗を感じられてプラグ初心者でも扱いやすいアピア「パンチライン45」ね。アピール力もあって、小型ながら重量もあるので飛距離が出るのも魅力よ(`・ω・´)シャキーン←メバルをプラグで釣ってみたい人にPRしている模様

プラグの利点は、ワームのようにずれたりちぎれたりもしない。なので、状態の確認や破損によるルアーチェンジの必要が少なく、手返しがいい。メバリングで使うプラグといえば、シンキングペンシル(シンペン)が定番かな(`・ω-)┏┳=一・

シンペンは、ライトソルトでのプラッギングにおいては、なくてはならない釣れるルアーの一つ。ジグ単に比べ、遠投しつつ表層〜中層を広範囲に探ることができるので、魚と出合う確率も当然増える( ゚∀゚)人(゚∀゚)イェイ

シンペンのパンチライン45は、軽量なジグヘッドではキャストしても届かない沖目の表層〜中層にも対応。重量が3.4グラムあるので、ジグ単では攻略が難しい沖の潮目や表層などをスローに攻めることができる(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!

まあ、リップのない一般的なシンペンだと引き抵抗が弱く、「引いている感覚がつかめない」「どこを引いてるのかわからない」という声も聞かれることがある(。-ωー)ウム

その点、パンチライン45は、潮の流れを感じやすい角張ったヘッド形状が引き抵抗を生み出す。その特徴的なヘッド形状のため、潮のヨレ(潮目)や流れの向きなど海中の情報が分かりやすい。ルアーのだいたいの位置や引かれてくる速度、潮の流れの変化を把握できるほか、リトリーブ速度の調節もしやすい(´・∀・`)ヘー

そんなシンペンの弱点を克服したと言っても過言ではないパンチライン45を使えば、↑当然釣果にもつながるはず( ̄ー ̄)ニヤリ←ライトソルトでは、ルアー位置の把握、潮の変化などに敏感になれるかがとっても重要だものね〜(´・ω・)(・ω・`)ネー

ワームに近い使用感で、ジグ単のほか、キャロライナ・スプリットショット・フロートなどの各種リグの隙間というか空白部分を攻略するのにもうってつけv(。・ω・。)ィェィ♪

主な特徴をまとめると

①シンペンなのに、引き抵抗が分かりやすいヘッド形状

②表層〜中層のレンジ攻略ができる

③巻くとアクションは「S字スラローム」(ボディー前部を支点に、後部を振ってS字に蛇行するように泳ぐ)。フォール中はボディーが左右に倒れるよな繊細なローリングアクション

最後に③のアクションについて、紹介しておきましょうね〜p(`・ω・´)q

まず、メバリングはワーミング(ワームを使う釣り)が一般的。では、そんなメバリングで使われることが多いタイプは何でしょう?

それは、強く波動を出すアピール重視なタイプのカーリーテール系(大ぶりなテールが水をかき回し、アピール力が非常に強い。写真は左)でも、シャッドテール系(テールの動きが大きくないので、適度な波動でアピール過多にはなりにくい。写真は右)でもない。定番は「派手に動かない」「わずかにアクションする」ような弱々しい動きのピンテール系((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ

ではなぜピンテール系なのかというと、メバルには比較的抑えめなアクションが効くことが多いからp(`・ω・´)q←ストレートもピンテール同様に抑えめアクションよね〜(≧∇≦)

↑ピンテール系は、極細のテール部分が水流を受けると微振動してフィッシュイーターの本能を刺激。イワシなどの弱々しい泳ぎを模し、小魚が泳ぐ微細な振動を表現できる。この低アピールがメバルに効果的ってわけ(*`・ω・)ゞデシッ!!

ピンテール系ワームと同じような動きをするプラグがシンペン。そして、パンチライン45もS字スラロームの動きが、弱々しい誘いとなる |・`ω・)

巻くのを止めれば、微細なローリングアクションが入ったフォールで食わせの間をつくる。そこで、追ってきたメバルの捕食スイッチが入ってバイトに持ち込むってわけ(; ̄□ ̄)スゴイッ!

まあ、使い方は単純明快。基本的には投げて、ただ巻き。なので、プラグ使ったことがない人でも釣りを始めたばかりの人でも、誰にでも使いこなせるはずd( ̄^ ̄)

もちろん、シンペンはリトリーブ(巻き)速度に注意が必要ではある。遅すぎると徐々に沈んで根がかりするし、早すぎるとメバルの好みのスローアクションに反してしまい釣れない。当然、海にある潮の流れの影響で、ある程度ゆっくり巻いても普通はボトムまで沈むことはないので、状況に応じてリトリーブ速度を調整すれば大丈夫(`・ω-)┏┳=一・←どんなプラグでも実際に投げてみて、明るい時間帯にでも目視で沈まないリトリーブ速度などを確認することも大切と言いたいみたい

巻きに加え、フォール中の微細なローリングアクションも一種のアクションとなるから、ただ巻きで反応がないときにはストップ&ゴー(いったん巻くのをやめて、フォールさせて再度巻く)を織り交ぜるのも手ね( ゚∀゚)人(゚∀゚)イェイ

水深のある港湾部や大場所なサーフで、沈ませたいとき、遠投して広く探りたいとき、縦に探りたいときに役立つ。シャロー(水深が浅い場所)では根がかりのリスクが高まるので、比較的高価なプラグの使用には注意が必要よ(-ε´-。)

パンチライン45はワーム+ジグヘッドに近い感覚で使えるシンペンの一種。メバリングにおいて有効なルアーの一つとタレミミは思うよ〜Σd(゜∀゜d)ォゥィェ!!!

数あるカラーから、一つだけオススメするのであれば「KJギーゴ(献上SP)

全長:45ミリ

重量:3.4グラム

タイプ:シンキング

アクション:S字スラローム+ローリングフォール

フック:#14

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。