タックル・関連グッズ

子ども用のアジング・メバリングロッドとしてのほか、近場の堤防でのヘチ釣り風や穴釣り風のライトソルトルアーゲームにもオススメのショートレングスロッドを紹介

実はタレミミ、無類のコーラ好き(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!←冷蔵庫には2リットルのペットボトルが常備。キッチンストッカーにも予備をため込んでる模様(;´∀`)…うわぁ…

最近は若干おとなしくなったものの、コーラを暴飲するようになったのは大人になってから。子どものころは誕生日とかクリスマスでもない限りは「炭酸飲料なんて体に悪い」と飲ませてもらえなかったわけですよ(-ε-。)ブーブー←子ども時代あるある(-ε´-。)

んで、その反動が現在のタレミミ。抑圧下でたまりにたまったコーラへの欲望が、自由になり開花(「・ω・)「 ガオー←あんまり厳しくしつけると“こういうことになる”の典型ですね。逆に体に悪い ウ・・ウン((・ω・`;))

ちなみに、タレミミが昔働いていた部署のある同僚(男)は、いつもいつもいつもチョコレートを食べていたんですよ(゚Д゚)_♭”ドンダケー

タレミミ:なんでそんなにチョコ好きなの?昔から?

同僚:いや〜、うち親が厳しくって。子どもの時に食べさせてもらえなかった反動で、大人になってからですよ

タレミミ:すごくわかる〜

ダメな大人の会話を交わすタレミミらですが、なんでもほどほどが大切ですよね〜♪〜( ̄ε ̄;)←しつけのことなんだか、大人になってからの自由な暴飲暴食のことなんだか…。まあ、どっちにも言える( ̄^ ̄)キリッ!

んで、例えば3歳くらいの子どもには、普通のアジングロッドやメバリングロッドは長すぎる(。-ωー)ウム←タレミミの持病“いつもの唐突”発症中ですが、タレミミが釣りを始めたのも3歳ごろ。自身の経験も踏まえ、小さな子どもが釣りを楽しむには、ショートレングスロッドが必要と訴えている模様(>Д<)ラジャー!!

というわけで、今回は子ども用のアジング・メバリングロッドとしてのほか、同行する大人が近場の堤防でのヘチ釣り風や穴釣り風のライトソルトルアーゲームにも使える、ショートレングスロッドを紹介しましょうかね〜( ̄^ ̄)えっへん

↑これは2021年夏に販売を開始したジャッカルの「エッグキャスト ソフティー」。重さも116グラムと比較的軽く、長さも120センチと短いショートレングスロッド。小型軽量のルアー(5グラムまで)を扱えるので、子どもがアジングやメバリングを始める際のファーストロッドにぴったり(ノ゚ー゚(; ̄□ ̄)ナヌッ?(爆)

このロッドは、竿全体が柔らかいので、軽い力で1グラム程度の超小型ルアーを飛ばすことができる。竿先・ロッド先端部分(ティップ)もソフトで食い込みがよく、小魚の引きでも十分楽しめるので、アジやメバル、ハゼのほか、管理釣り場での川魚釣りにも流用できる汎用性の高さが特徴(*`・ω・)ゞデシッ!!

値段も5千円ちょっととお手頃。3、4歳の小さな子どもはさすがにキャストはできないので、親なりほかの大人なりがキャスト後に手渡してあげるようにすれば、リールを巻くだけなので子どもでも使いこなせ、勝手にアジングやメバリングといった釣りを楽しんでくれるようになる(´・ω・)(・ω・`)ネー←1人での釣りもいいけど、同伴もなかなか良いもの( ̄ー ̄)ニヤリ

ロッドのカラーもカラフルな3色から選べるので、子どもも喜ぶはず。グリップ部分には、カラーペイントを施したコルクが採用されていて意外におしゃれ。持ち手部分も握りやすい形状に工夫されているΣd(゜∀゜d)ォゥィェ!!!

大人なタレミミも何回か使ったけど、難なくアジ、メバル、カサゴを数十匹ゲット。ロッドが柔らかいので、20センチ未満の小さな魚の引きでもかなり楽しめるぞよ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆バンバン!←ティップがかなり曲がって魚とのやりとりを満喫できるので、当然子どももむちゃくちゃ喜ぶ(・εー。)ー☆

1000〜2000番のスピニングリール、フロロラインの3lb程度が使いやすく、1ピース形状。1ピースなので大人が使っても楽しめる感度があり、投げやすいだけでなくよく曲がる楽しいロッド。保育園・幼稚園の年少さんくらいから小学校の中学年くらいの子どもにオススメp(`・ω・´)q

子どもが小さいうちは、釣り場に連れて行っても楽しんでいるのは最初のうちだけ。結構な確率ですぐに釣りに飽きたり、寝たりするもの。それでも、このロッドであれば子どもが車に戻ったり、近くの公園の遊具で遊び出したりした後、大人がそのまま使っても、十分楽しめるスペックがある(゜▽゜*)ニパッ♪

↑このロッドは短いので、日中の堤防で小型ルアーを使い、魚が潜んでいる岸壁に沿って魚を狙うヘチ釣り風や、昼間でも釣果が期待できるテトラポッドの隙間に落とし込む穴釣り風の釣り方にも最適。子どもが使わない時に、大人がライトソルト用ロッドとして流用しても十分通用する使い勝手の良さがある(*´∀`p〃qパチパチパチ

同様に似たような使い方ができ、ルアーウェイトが7グラムまで対応する「エッグキャスト タフィー」(長さ110センチ、重さ123グラム)の方が硬めの仕様。小型ルアーを使ったヘチ釣り風や穴釣り風でのアクションはしやすいんだけど、より繊細さが求められるアジングやメバリングには断然「エッグキャスト ソフティー」がオススメ(`・ω・´)シャキーン

というわけで、今回は子どもでもアジングやメバリングといった繊細な釣りが楽しめるロッドの紹介でした〜

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。