ライトゲームの基本

ライトソルトゲームの始め方。これから始めるビギナー向けに基本を紹介〈⑧ライン選び(フロロ、PE、ナイロン、エステルの違い)〉

極細ラインをトラブルなく扱い、超軽量ルアーを快適に操作できる感度の良い適切なロッドとリールを選んだら、次はラインですかねぇ〜( ̄ー ̄)ニヤリ←釣具店やサイトで商品コーナーを回るであろう順番(・ω・)

それでは、ライトソルトゲームで使われるライン4種類の比重と伸び率(伸度)の違いを、まず見ていきますかな(・ωー)〜☆

一、フロロカーボン。比重1・78、伸び率20〜30%

一、PE。比重0・97、伸び率5%以下程度

一、ナイロン。比重1・14、伸び率25〜35%

一、エステル。比重1・38、伸び率20%前後

ネット上から引っ張ってきた数値(メーカーや製品、サイトによっても若干違うのであくまで参考程度)の比較を宣誓みたいにしてみると、↑こんな感じ←「ひと〜つ、ホニャララ。ひと〜つ、ホニャララ」ー。なんだか昔の文章みたい。1、2、3、4でいいじゃんヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

水の比重も水温などで若干変化するんだけど、真水は1で海水が1・02だそうな。つまり、比重の数値が水よりも大きければ沈むし、小さければ浮くってこと。潮の流れ、風の強弱などを無視してラインだけを考えた場合、PEのみが浮いて残りの3種は沈む。数値上の沈みやすい順では、フロロ→エステル→ナイロン→PEとなる(´・∀・`)ヘー

自重が軽いルアーを用いるライトソルトゲームでは、ルアーの沈みやすい・沈みにくいはラインの影響を受けやすい。単純に数値だけで判断すれば、根魚を狙ってボトムを攻めるのならルアーと共に沈んでくれるフロロが使いやすいし、表層付近を引きやすいのはPEといった具合ね( ̄ー ̄)ニヤリ

次に伸び率。上の比較を見ての通り、伸びやすい順では、一般的に25〜35%のナイロン→20〜30%のフロロ→20%前後のエステル→5%以下のPE。これらの数値は、それぞれのラインが限界まで伸びて切れる際の長さから算出されている。ナイロンであれば、100センチのラインが切れるまで荷重をかけた時、125〜135センチまで伸びるということ( ´_ゝ`)フーン

数値上では、ナイロンとフロロの差はあまりないように見えるんだけど、実際はこの2種のラインは伸び方が異なるので、使用感が全然違う。結果的に同じような伸び率でも、フロロは低荷重時の初期伸度がナイロンより小さいので、通常の釣行での使用では伸びを感じにくい

分かりやすく言い換えると、ナイロンは力をかけ続けると、徐々に伸びていき最終的に切れる。一方のフロロは、最初は伸びが少なく最後に一気に伸びて切れる感じ( ̄□ ̄;)ナント!!

伸び率が高いと、ロッドを動かしてルアーをアクションさせようとしても、飛距離が伸びたり水深が深くなったりすればするほど、ラインが伸びるだけでルアーが動いてないこともある。例えば100メートルキャストできたとして、PEであれば約5メートルほど伸びるのに対し、ナイロンでは25〜35メートル伸びる。どっちの方がラインの感度がいいか、数値的に感じられるよね((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ

感度の点から見ると、伸び率が低いということは、振動を感じる度合いが高くなるので、魚のアタりやボトムへのルアー着底が、ラインを通して手元に伝わりやすい。感度が高い順は、伸び率に準じてPE→エステル→フロロ→ナイロンとなる(´・∀・)(・∀・`)ヘー

最後にラインを選ぶ際に知っておいた方がいい基本的なことを、紹介しようかな[電柱]д ̄) チラッ

↑みたいに、ラインのパッケージとかに記載されている「lb」は、ポンドと読む。重量のことで、1lbは約450グラムね。例えば、1lb表記のラインは約450グラムまで耐えるという強度を示している。lbは太さはどうであれ、そのラインがどのくらいの重さまで切れずに耐えられるかを表している(`・ω・´)シャキーン

だからこの場合は、2・5lbなので、約1130グラムの重さまで切れないという意味。もちろん、同じポンド数のラインでも、メーカーや商品ブランドが違えば、太さは若干異なることもある( ̄□ ̄;)ナント!!

もう一つ記載されている「号数」なんだけど、こっちは糸の太さを表す。だから、1号→2号→3号と数字が大きくなればなるほど、糸の直径が太くなる。一方で、太さだけを定めた表記なので、号数だけではその太さでどのくらいの重さまで耐えられるは分からない(。-`ω´-)ぅぃ

↑このスプールに巻いているのは、バリバスの極細PEライン「アバニ ライトゲーム スーパープレミアムPEX4」0・3号ね。この細さ(号数)で6・5lb(2948グラム)の強度がある

↑は、同じバリバスのフロロライン「アジングマスター フロロカーボン」の規格表なんだけど、上記のPEラインと同じ0・3号では、1・5lb(680グラム)と約2割しか強度がないのが分かる(´・∀・`)ヘー

もちろん、ライトソルトゲームのメインターゲットであるアジは200グラム前後の重さなので、抜き上げたりぶら下げたりしても強度的には十分なんだけどねp(`・ω・´)q

つまり、PEラインは一般的にライトソルトゲームで使われる4種類(PE以外の3種は、同じ号数なら同じくらいのポンド数)の中で、圧倒的強度を誇るのが分かるはず(ノ゚ー゚(; ̄□ ̄)ナヌッ?(爆)

今回は、ラインを選ぶ際に知っておいた方がいい基本の紹介でした〜

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。