料理・グルメ

今年も冬の味覚カキを、1人夜な夜な味わう

最近、寒くて寒くて、、、

仕事がはかどらん…(´-ω-`;)ゞポリポリ←いやいや、あなたほとんどの時間、暖房が効いた屋内で働いてるじゃない(;・∀・)エッ?

睡眠不足な気がする…(。-∀ー)シンド←そりゃ〜毎夜毎夜、金麦(発泡酒)片手にYouTube遅くまで見てれば眠かろう┐(´〜`)┌ ヤレヤレ

テスト勉強が進まない…(。-`ω-)ンー←そもそもテストなんてないじゃない。もう学校でテスト受ける年でもないし、資格試験受ける予定も今のところないでしょ(;´∀`)…うわぁ…

何よりも困ってるのが、外で釣りができない…(-ε – 。)ブーブー←釣りは外でするものよ。防寒対策すれば行けるでしょ(#・∀・)ムカッ!!

とまあ、寒いことを口実になんだかよく分からないことばかり言って、何もする気がないタレミミ(゚-゚;)ヾ(-_-;) オイオイ…

だがしかし、そんな寒がり(を理由にしたダメ)なタレミミでも、冬にやる気が湧き起こるイベントごとが一つ。それは家での“1人カキ焼き”パーティー!←1人でパーティーという矛盾よね(゚Д゚)_♭”ドンダケー

↑わざわざ漁協の直売所まで行って買ってきた、大ぶりの殻付きカキ約2キロ( ゚∀゚)人(゚∀゚)イェイ←寒い中、ほかのことにはやる気出さないくせにカキはちゃっかり買いに行った模様Σ(゜ロ゜;)!!

まあ、家での1人カキ焼きはタレミミの冬の一大イベントだからね〜。これは外せないのよ( ̄^ ̄)えっへん

んで、タレミミが今回行ってきたのは、長崎県雲仙市にある諫早湾漁協の瑞穂直売店。この日は大ぶりと中サイズがあり、タレミミは大ぶりのカキ1かご(0・7キロ、1000円)を3つ購入( ̄▽ ̄)ノ_彡☆バンバン!←1人分でいいのに欲張りね〜┐(´〜`)┌ ヤレヤレ

今年の有明海のカキは、海水温が高かった影響で成長が遅く小ぶりが多いとのこと。それで例年と比べ販売開始も遅れ、出荷数も限られていた中、ついに手には入ったというわけですよ(☆ω☆)キッラキラ!!←全体的にカキ自体は小ぶりだけど、身入りはいいそうね(´・∀・)(・∀・`*)ヘー

ちなみにタレミミがわざわざ漁協の直売所まで出向く理由は、大量に買えて安いっていうのもあるんだけど、スーパーとかで買うカキと比べて、身入りの“当たり外れが”がほとんどないから(ノ゚ー゚(; ̄□ ̄)ナヌッ?(爆)←この時期、殻付きカキが売っていたら、どの店でも必ず買っちゃうタレミミの経験則によるらしい

↑早速焼いてみる(゜▽゜*)ニパッ♪

平たい方から焼いて、ひっくり返す。しばらくすると、↑殻が開いてきた

ほらね。↑身入りが良くってぷりっぷり。やっぱり買うなら直売所に限りますな〜(´д`)アハァ

ちなみに、直売所では↑こんなものまで。そうです、高級珍味の「からすみ」。お値段は30グラムで1200円なりΣ( ̄□ ̄;)ナント!!

↑スライスして、酒のつまみに。あ〜、酒が進みますな〜。あれ、いつの間にかさっき開けた白ワインのボトルも空になってる(ーー;).。oO(想像中)←発泡酒からのワインで、ボトル飲み干したのはあなたです( ̄^ ̄)キリッ!

という、タレミミの冬の日常の紹介でしたとさ(。-`ω´-)ぅぃ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。